産地

産地

お茶の消費量世界一はどこ?世界のお茶事情をご紹介します!

お茶をよく飲む国は、どこでしょうか?紅茶の国イギリス?緑茶の日本?ウーロン茶の中国?生産量でいうと、1位中国、2位インド、意外にも3位にケニアが続きます。普段は意識しない世界のお茶事情をのぞいてみましょう!
産地

【2021年版】お茶の生産量、最新ランキングTOP5をご紹介します!

農水省から、2020年度のお茶の生産統計が発表されました。それをもとに、2021年4月現在での最新ランキングをまとめました!新型コロナウィルスの影響を受け、減産する地域が多かったと言われます。果たして、ランキングにはどのような動きがあったのでしょうか?
産地

京都宇治だけじゃない!抹茶の産地について紹介します!

抹茶の需要は年々増加していると言われますが、どこで生産されているかご存知ですか?抹茶の生産地といえば、やはり京都が有名。しかし抹茶を生産しているのは京都の宇治だけではありません。抹茶の生産地にはどんなところがあるか、見てみましょう!
産地

鹿児島のお茶の生産量が静岡に追いつく?かごしま茶の生産量が多い理由。

静岡茶の減産傾向が続いている一方、生産量2位の鹿児島県は安定的な茶生産の環境が整った状態。毎年のように「今年こそ鹿児島茶が静岡茶に追いつくのでは」と言われています。鹿児島茶が静岡茶に追いつくのはなぜでしょうか?鹿児島茶の生産量が多い理由を調べました。
産地

2020年は鹿児島茶が生産量日本一?静岡茶との差について調べました。

お茶といえば静岡…と思っているあなた。2020年は鹿児島が静岡のお茶生産量を追い抜くかも。と言われているんです。これからは「お茶といえば鹿児島」という時代が訪れるのかもしれません。2020年はお茶業界にとって変革の年になろうとしています。
産地

知覧紅茶とは?鹿児島で作られている和紅茶を紹介!

知覧紅茶(ちらんこうちゃ)とは、南九州市で作られている和紅茶のこと。和紅茶とは日本で作られた紅茶のことです。なかでも知覧紅茶は歴史が古く、昔ながらの伝統的な製法を守っているところも多いんですよ。知覧紅茶について詳しく解説します!
産地

日本茶発祥は京都!?京都府の宇治茶のご紹介

いつの間にか当たり前に飲んでいた緑茶の始まりは?実は京都府の宇治だったのです。今回は、発祥とされる京都府宇治の緑茶の始まりを深く掘り下げつつ、「宇治」についてご紹介致します。
産地

日本茶の主要産地と銘柄をご紹介します!

日本茶の産地と言えば、どこを思い浮かべますか?各地で地域の特色を生かしたお茶が作られているんです。今回は日本全国のお茶の主要産地と銘柄をご紹介します!
産地

知覧茶の効能とは?緑茶の成分もあわせてご紹介します!

美味しくて人気の知覧茶。たいへん注目を集めています!具体的に知覧茶にはどんな効能があるのでしょうか。知覧茶だけの効能は特にありませんが、知覧茶の多くは深蒸し茶と言われる緑茶です。緑茶の効能がわかっていると、知覧茶をもっと美味しく楽しめますよ♪
産地

知覧茶の特徴って?鹿児島のブランド茶の特徴を余すことなくご紹介!

鹿児島県を代表するブランド茶「知覧茶」は、さわやかな香りと強い甘味・うま味が特徴です。全国茶品評会でも金賞、産地賞、農林水産大臣賞といった名高い賞を毎年のように受賞しており、質がよくて美味しいお茶ということがわかりますね。知覧茶の特徴の秘密にせまります!
タイトルとURLをコピーしました