産地

産地

霧島茶とは?3年連続日本一に輝いた鹿児島のブランド茶をご紹介!

霧島茶とは鹿児島県中部に位置する霧島市で栽培されている鹿児島のブランド茶です。霧島の名前の由来となった霧深い気候と雄大な山々で育てられたお茶は品質が高く、全国茶品評会 3年連続日本一に輝いています。今回は霧島茶についてクローズアップしていきます!
産地

さまざまな鹿児島茶。上質の深蒸し茶がとれる【大根占】のご紹介

大根占は、鹿児島県の大隅半島に位置する町です。温暖な気候と火山灰が形成した大地を利用して、上質の深蒸し茶を生産しています。肉厚なのに柔らかい茶葉をしっかりと深蒸しすることで、甘味たっぷりのお茶になるんですよ。豊かな自然あふれる大根占の魅力をご紹介します!
産地

さまざまな鹿児島茶。カツオだけじゃない!国内紅茶発祥の地【枕崎】のご紹介

鹿児島県枕崎市はカツオの名産地として知られていますが、鹿児島茶の名産地でもあるんです!茶業研究拠点が置かれており、幅広いお茶を手掛けています。中でも枕崎のさえみどりはうま味が多いことから、特に人気が高いんだとか。枕崎について調べてみました。
産地

深蒸し茶の発祥の地。静岡県の【牧之原台地】のご紹介

言わずと知れたお茶の名産地静岡県。生産量・生産面積ともに日本一と日本で一番のお茶の産地です。その中でも名の知れた県内の産地として『牧之原台地』があります。今回は、その牧之原をご紹介していきたいと思います。
産地

静岡県以外のお茶の産地って?日本茶三大産地のご紹介! 

静岡がお茶の産地として有名なのは、みなさんご存知かと思います。 では、日本におけるお茶の三大産地は?パッと思いつく方もいらっしゃるかと思いますが、今回は、意外と知らない日本茶の主要産地を生産量(荒茶)の多い順に3つ紹介していきます!
産地

新茶前線が到来中!?各地の新茶の時期をご紹介します!

南北に長い日本では4月上旬の鹿児島を皮切りに北上していきます。南から北上する梅雨前線、桜前線のように、「新茶前線」なんて言葉もあるのです!それでは各地の新茶の時期とその特徴について順にご紹介します!
産地

日本一早い新茶!! 鹿児島の新茶

春になると、新茶の季節がやってきます。中でも一番早く新茶を収獲・出荷できるのは、どこかご存知ですか?答えは鹿児島県です。九州の最南端に位置し、日本で最も早い新茶「走り新茶」を収獲できることでも知られますね。
産地

ユタカミドリに最適な栽培環境。鹿児島南部に位置する知覧町とは?

知覧町はもとよりお茶の生産がさかんでした。南九州市が発足したことで、市町村別お茶生産量が日本一に躍り出ます。さらに2017年以降は、南九州市で生産されたお茶すべてを「知覧茶」と呼ぶことで統一。これにより知覧茶を全国、そして世界へと展開していくことになるのです。
産地

知覧とはどんな場所?映画の舞台にもなったお茶の名産地をご紹介!

知覧茶はしっているけど、知覧茶をつくっている鹿児島茶の産地「知覧」についてはご存じでしょうか?この記事では、『もっとくわしく知覧について知りたい』そうおもう貴方に、ぜひ知っておきたい知覧のポイントをまとめました。魅力あふれる知覧について紹介します。
産地

鹿児島・知覧茶の高級産地【後岳】のご紹介【後岳】のご紹介

は比較的冷涼な気候ですが、一年中温暖な南九州市に含まれているとおり、日照時間に恵まれています。霧ができるほどの寒暖差を生かした後岳でそだてられた知覧茶は、味よし・香よし・色よしの高級茶として評判です。後岳の魅力を余すことなくお伝えします!
タイトルとURLをコピーしました