産地

鹿児島のお茶の生産量が静岡に追いつく?かごしま茶の生産量が多い理由。

静岡茶の減産傾向が続いている一方、生産量2位の鹿児島県は安定的な茶生産の環境が整った状態。毎年のように「今年こそ鹿児島茶が静岡茶に追いつくのでは」と言われています。鹿児島茶が静岡茶に追いつくのはなぜでしょうか?鹿児島茶の生産量が多い理由を調べました。
産地

2020年は鹿児島茶が生産量日本一?静岡茶との差について調べました。

お茶といえば静岡…と思っているあなた。2020年は鹿児島が静岡のお茶生産量を追い抜くかも。と言われているんです。これからは「お茶といえば鹿児島」という時代が訪れるのかもしれません。2020年はお茶業界にとって変革の年になろうとしています。
産地

知覧紅茶とは?鹿児島で作られている和紅茶を紹介!

知覧紅茶(ちらんこうちゃ)とは、南九州市で作られている和紅茶のこと。和紅茶とは日本で作られた紅茶のことです。なかでも知覧紅茶は歴史が古く、昔ながらの伝統的な製法を守っているところも多いんですよ。知覧紅茶について詳しく解説します!
お茶の種類

大福茶とは?年末年始に飲まれるお茶「大福茶」について知りましょう!

大福茶(おおふくちゃ、おおぶくちゃ)をご存知ですか?大福茶とは、12月になるとお茶屋さんや百貨店に並び始めるお茶。なんともおめでたい雰囲気を醸し出しています。見たことがある方もいるのでは。この大福茶とはいったい何なのか?詳しく調べました!
お茶の種類

かぶせ茶とは?煎茶や玉露との違いや入れ方まで紹介します。

かぶせ茶とは文字通り、覆いをかぶせて日光をさえぎったもの。茶葉を育てている途中で黒い布をかぶせ、日光をさえぎります。日光をさえぎることで、うま味・甘味が強くなるなど、茶葉の中では不思議な変化が起こります。かぶせ茶についてくわしくのぞいてみましょう!
お茶の種類

玉露とは?煎茶やかぶせ茶の違いや入れ方までご紹介します

玉露(ぎょくろ)とはどんなお茶か、知っていますか?高価なお茶、というイメージがある方もいるのではないでしょうか。煎茶と玉露が大きく違う点は、栽培方法の違いです。玉露とよく似た栽培方法のお茶にかぶせ茶もあります。玉露、煎茶、かぶせ茶の違いを見てみましょう!
コラム

抹茶の効能がすごい!抹茶の成分と体に嬉しい6つの効果。

点てて飲んでも、ラテにしても美味しい抹茶。抹茶スイーツも身近な存在です。ところで抹茶って、美味しいだけでなく、効能がすごいんです!ご存知ですか?抹茶の成分や、体に嬉しい6つの効果をご紹介します!
コラム

【ほうじ茶の効能】体によい?カフェインとリラックス効果について。

カフェインを取ると目が冴えて眠れなくなってしまう、胃の調子が良くないなど、体質的にカフェインが苦手な方も。そんな方におすすめなのがほうじ茶です!、ほとんどカフェインをふくまない、体に優しいほうじ茶。高いリラックス効果など、ほうじ茶について詳しく解説します。
コラム

【ほうじ茶の効能】煎茶(緑茶)にはないほうじ茶だけの成分をご紹介いたします。

寒くなってくると、あたたかい日本茶でホッとしたくなりますね。とくに風が冷たくなってくるこの時期、ほうじ茶の人気が出てきます。 寒くなるとほうじ茶を飲みたくなるのはなぜでしょうか?それは、緑茶にはないほうじ茶だけの成分によるものです。...
お茶の種類

シングルオリジン品種茶。日本で最も作られているやぶきたとは?

日本茶にはどんなイメージがありますか?透き通った黄緑色でキレのよい渋味。しつこくなく、控えめに感じるうま味、甘味。実はこれ「やぶきた」品種の特徴。私たちが「日本茶」と聞いてやぶきたをイメージするのはなぜか、やぶきたとは何なのか?詳しく解説します!
タイトルとURLをコピーしました