産地

知覧茶の特徴って?鹿児島のブランド茶の特徴を余すことなくご紹介!

鹿児島県を代表するブランド茶「知覧茶」は、さわやかな香りと強い甘味・うま味が特徴です。全国茶品評会でも金賞、産地賞、農林水産大臣賞といった名高い賞を毎年のように受賞しており、質がよくて美味しいお茶ということがわかりますね。知覧茶の特徴の秘密にせまります!
コラム

いよいよ始まる日本茶の産業革命! 明治時代~昭和初期

緑茶は生糸とならぶ重要な輸出品になっていました。しかし当時、お茶は手作業での加工だったため、手間がかかる割には利益の少ない産業でもあったのです。そんな中、いよいよ日本茶の産業革命がおこります。明治~昭和のお茶の歴史をのぞいてみましょう!
飲み方

誰でも出来る!カンタンで美味しい水出し緑茶の作り方

お茶は水からでも作れるのです!しかも簡単に。水出し緑茶は、お湯で抽出したのに比べて渋みがおさえられて甘みが感じられます。更に水出し緑茶ならではのメリットも。この記事を読めば水出し緑茶のメリットや作り方までバッチリわかります。
コラム

現代でも飲まれている蒸し製緑茶が誕生! 江戸時代

江戸時代に入ると、現在のような煎茶が誕生します。それまでは「お茶」といえば現在でいう抹茶のことでした。煎茶はサッパリとしていてどんな食事にも合い、いつでも気軽に飲むことができます。蒸し製緑茶をはじめとする江戸時代の日本茶を見てみましょう!
コラム

日本茶文化の大革命。茶の湯、わびさび文化 室町時代から安土桃山時代

室町時代から安土桃山時代にかけて、日本茶は大きく進化をとげます。鎌倉時代に宋(中国)から上陸した禅仏教の儀式「茶礼(されい)」を日本風にアレンジし、「茶道・茶の湯」が完成!室町・安土桃山時代に起こった日本茶の大革命をじっくり見つめてみましょう。
コラム

日本でお茶を広めた人物、栄西とは? 鎌倉時代から南北朝時代

日本にお茶が入ってきたのは奈良・平安時代と言われますが、大変な高級品で一般に広まることはなかったのだとか。鎌倉時代に入り、お茶の伝道師・栄西が登場します!栄西によって日本茶は大きく進化することに。栄西の足あとをたどってみましょう。
コラム

日本茶の始まりは中国から? 奈良時代から平安時代

日本にお茶が入ってきたのは、平安時代といわれています。当時の遣唐使や仏僧が中国から持ち帰ったものが始まりで、徐々に今のような日本茶になったのだとか。今と違って命がけで海を渡った時代、日本茶とはどのようなものだったのでしょうか?
製造方法

抹茶ができるまで 碾茶から抹茶のつくり方

碾茶と煎茶の大きな違いは、蒸したあと揉まずに加工されるという点。そのため青のりのような形状をしており、お茶には見えないかもしれませんね。では、この碾茶がどのように抹茶になっていくのか、その様子をのぞいてみましょう!
製造方法

碾茶ってご存知ですか?抹茶の原料、碾茶の作り方をご紹介します!

抹茶は「碾茶(てんちゃ)」の茶葉を石臼などでひき、細かくしたものです。抹茶が緑茶と違う風味を持つのは、この碾茶にヒミツがあります。茶畑から抹茶ができるまでの様子を追ってみましょう!
飲み方

茶道を始めたい方必見!最初に用意すべきの茶道の道具をご紹介します。

日本の伝統文化が世界で注目を集めていますが、茶道もそのひとつ。喫茶店や抹茶専門店などで気軽に茶道体験できる機会も増えており、家でも抹茶を楽しみたい!と思う方も多いのでは。今回は、これさえあれば大丈夫!茶道を始めるにあたって最低限の茶道具をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました