コラム

一度使ったら手放せない!南部鉄器の急須と鉄瓶について解説します!

南部鉄器の急須は、内部がホーロー加工されていることも多いですが、南部鉄器の鉄瓶でお湯を沸かせば、まろやかで日本茶にピッタリのお湯になります。さらに鉄分も摂取できるなど、体にもヨシ!一度使うと手放せない南部鉄器の魅力を解説します!
コラム

常滑急須とは?急須日本一のシェアを誇る常滑焼のお話。

急須(きゅうす)と聞くと、朱色のものを思い浮かべる方が多いかもしれませんね。実はこれ、常滑急須(とこなめきゅうす)の特徴なんです。常滑急須は高い技術力で作られており、美味しいお茶が入れられるとして人気が高いんですよ。常滑急須について詳しく調べました!
コラム

土瓶と急須ってどう違うの?選ぶ時のポイントもあわせてご紹介

土瓶(どびん)も急須と同様、美味しいお茶を入れるためのアイテムです。最近では土瓶のあるご家庭は少なくなっているかもしれませんね。土瓶と急須の違いや、土瓶の選び方をご紹介します!
コラム

急須の洗い方とお手入れ方法をご紹介!【洗剤を使ってはダメ?】

急須の正しい洗い方をご存知ですか?本来、急須は使えば使うほど深みが増して、毎日のお茶がますます美味しくなるもの。美味しいお茶のためにも、急須の洗い方とお手入れ方法をおさらいしておきましょう!
産地

鹿児島のお茶の生産量が静岡に追いつく?かごしま茶の生産量が多い理由。

静岡茶の減産傾向が続いている一方、生産量2位の鹿児島県は安定的な茶生産の環境が整った状態。毎年のように「今年こそ鹿児島茶が静岡茶に追いつくのでは」と言われています。鹿児島茶が静岡茶に追いつくのはなぜでしょうか?鹿児島茶の生産量が多い理由を調べました。
産地

2020年は鹿児島茶が生産量日本一?静岡茶との差について調べました。

お茶といえば静岡…と思っているあなた。2020年は鹿児島が静岡のお茶生産量を追い抜くかも。と言われているんです。これからは「お茶といえば鹿児島」という時代が訪れるのかもしれません。2020年はお茶業界にとって変革の年になろうとしています。
産地

知覧紅茶とは?鹿児島で作られている和紅茶を紹介!

知覧紅茶(ちらんこうちゃ)とは、南九州市で作られている和紅茶のこと。和紅茶とは日本で作られた紅茶のことです。なかでも知覧紅茶は歴史が古く、昔ながらの伝統的な製法を守っているところも多いんですよ。知覧紅茶について詳しく解説します!
お茶の種類

大福茶とは?年末年始に飲まれるお茶「大福茶」について知りましょう!

大福茶(おおふくちゃ、おおぶくちゃ)をご存知ですか?大福茶とは、12月になるとお茶屋さんや百貨店に並び始めるお茶。なんともおめでたい雰囲気を醸し出しています。見たことがある方もいるのでは。この大福茶とはいったい何なのか?詳しく調べました!
お茶の種類

かぶせ茶とは?煎茶や玉露との違いや入れ方まで紹介します。

かぶせ茶とは文字通り、覆いをかぶせて日光をさえぎったもの。茶葉を育てている途中で黒い布をかぶせ、日光をさえぎります。日光をさえぎることで、うま味・甘味が強くなるなど、茶葉の中では不思議な変化が起こります。かぶせ茶についてくわしくのぞいてみましょう!
お茶の種類

玉露とは?煎茶やかぶせ茶の違いや入れ方までご紹介します

玉露(ぎょくろ)とはどんなお茶か、知っていますか?高価なお茶、というイメージがある方もいるのではないでしょうか。煎茶と玉露が大きく違う点は、栽培方法の違いです。玉露とよく似た栽培方法のお茶にかぶせ茶もあります。玉露、煎茶、かぶせ茶の違いを見てみましょう!
タイトルとURLをコピーしました