知覧茶

産地

知覧茶の効能とは?緑茶の成分もあわせてご紹介します!

美味しくて人気の知覧茶。たいへん注目を集めています!具体的に知覧茶にはどんな効能があるのでしょうか。知覧茶だけの効能は特にありませんが、知覧茶の多くは深蒸し茶と言われる緑茶です。緑茶の効能がわかっていると、知覧茶をもっと美味しく楽しめますよ♪
産地

知覧茶の特徴って?鹿児島のブランド茶の特徴を余すことなくご紹介!

鹿児島県を代表するブランド茶「知覧茶」は、さわやかな香りと強い甘味・うま味が特徴です。全国茶品評会でも金賞、産地賞、農林水産大臣賞といった名高い賞を毎年のように受賞しており、質がよくて美味しいお茶ということがわかりますね。知覧茶の特徴の秘密にせまります!
産地

ユタカミドリに最適な栽培環境。鹿児島南部に位置する知覧町とは?

知覧町はもとよりお茶の生産がさかんでした。南九州市が発足したことで、市町村別お茶生産量が日本一に躍り出ます。さらに2017年以降は、南九州市で生産されたお茶すべてを「知覧茶」と呼ぶことで統一。これにより知覧茶を全国、そして世界へと展開していくことになるのです。
産地

知覧とはどんな場所?映画の舞台にもなったお茶の名産地をご紹介!

知覧茶はしっているけど、知覧茶をつくっている鹿児島茶の産地「知覧」についてはご存じでしょうか?この記事では、『もっとくわしく知覧について知りたい』そうおもう貴方に、ぜひ知っておきたい知覧のポイントをまとめました。魅力あふれる知覧について紹介します。
産地

鹿児島・知覧茶の高級品【後岳】のご紹介

は比較的冷涼な気候ですが、一年中温暖な南九州市に含まれているとおり、日照時間に恵まれています。霧ができるほどの寒暖差を生かした後岳でそだてられた知覧茶は、味よし・香よし・色よしの高級茶として評判です。後岳の魅力を余すことなくお伝えします!
産地

鹿児島・知覧茶の名産地【川辺】のご紹介

清流に富んだ川辺(かわなべ)は、現在の南九州市にあります。2007年に知覧町・頴娃町と合併し、南九州市となるまでは「川辺茶」を生産していました。現在こそ「知覧茶」と名を変えましたが、その始まりは川辺茶だったかもしれません。
産地

鹿児島・知覧茶の名産地【頴娃】のご紹介

摩富士と呼ばれる開聞岳をのぞむ頴娃(えい)は、現在の南九州市にあります。2007年12月に知覧町・川辺町と市町村合併をするまでは、頴娃町でもありました。頴娃で栽培される日本茶はかねてから評判が高く、「頴娃茶」といえば知る人ぞ知る銘茶だったんだとか。
産地

知覧茶の紹介!鹿児島の高級ブランド茶、知覧茶の魅力と特徴について。

知覧茶は鹿児島県南九州市で育てられているお茶のことですが、 高級茶としても有名です!実際全国茶品評会において様々な賞を受賞しています。この記事を読めば、知覧茶が評判な理由や知覧茶の特徴がバッチリわかりますよ。更におすすめの知覧茶までもご紹介します。
産地

お茶といえば鹿児島茶?全国生産量第二位!かごしま茶についてご紹介

鹿児島のお茶も今とってもアツイんです!鹿児島県の茶生産量は、近年成長がいちじるしく静岡県に迫る勢いです。このまま成長を続けると、静岡県を抜いてしまう日も近いかも?鹿児島のお茶がホットなワケを、静岡のお茶と比べながら、見ていきましょう!
タイトルとURLをコピーしました