鹿児島茶

コラム

お茶の産出額日本一は鹿児島県!?お茶の歴史が動いた瞬間。

これからは、お茶と言えば鹿児島県!って、ご存知ですか? お茶と言えば静岡県でしょ?と思った方もいるかもしれませんね。静岡県は半世紀以上にわたって、お茶の産出額日本一を維持していました。しかし、ここ数年は低迷が続き、とうとう2019年...
産地

鹿児島のお茶の生産量が静岡に追いつく?かごしま茶の生産量が多い理由。

静岡茶の減産傾向が続いている一方、生産量2位の鹿児島県は安定的な茶生産の環境が整った状態。毎年のように「今年こそ鹿児島茶が静岡茶に追いつくのでは」と言われています。鹿児島茶が静岡茶に追いつくのはなぜでしょうか?鹿児島茶の生産量が多い理由を調べました。
産地

2020年は鹿児島茶が生産量日本一?静岡茶との差について調べました。

お茶といえば静岡…と思っているあなた。2020年は鹿児島が静岡のお茶生産量を追い抜くかも。と言われているんです。これからは「お茶といえば鹿児島」という時代が訪れるのかもしれません。2020年はお茶業界にとって変革の年になろうとしています。
産地

知覧紅茶とは?鹿児島で作られている和紅茶を紹介!

知覧紅茶(ちらんこうちゃ)とは、南九州市で作られている和紅茶のこと。和紅茶とは日本で作られた紅茶のことです。なかでも知覧紅茶は歴史が古く、昔ながらの伝統的な製法を守っているところも多いんですよ。知覧紅茶について詳しく解説します!
産地

知覧茶の特徴って?鹿児島のブランド茶の特徴を余すことなくご紹介!

鹿児島県を代表するブランド茶「知覧茶」は、さわやかな香りと強い甘味・うま味が特徴です。全国茶品評会でも金賞、産地賞、農林水産大臣賞といった名高い賞を毎年のように受賞しており、質がよくて美味しいお茶ということがわかりますね。知覧茶の特徴の秘密にせまります!
産地

霧島茶とは?3年連続日本一に輝いた鹿児島のブランド茶をご紹介!

霧島茶とは鹿児島県中部に位置する霧島市で栽培されている鹿児島のブランド茶です。霧島の名前の由来となった霧深い気候と雄大な山々で育てられたお茶は品質が高く、全国茶品評会 3年連続日本一に輝いています。今回は霧島茶についてクローズアップしていきます!
産地

さまざまな鹿児島茶。上質の深蒸し茶がとれる【大根占】のご紹介

大根占は、鹿児島県の大隅半島に位置する町です。温暖な気候と火山灰が形成した大地を利用して、上質の深蒸し茶を生産しています。肉厚なのに柔らかい茶葉をしっかりと深蒸しすることで、甘味たっぷりのお茶になるんですよ。豊かな自然あふれる大根占の魅力をご紹介します!
産地

さまざまな鹿児島茶。カツオだけじゃない!国内紅茶発祥の地【枕崎】のご紹介

鹿児島県枕崎市はカツオの名産地として知られていますが、鹿児島茶の名産地でもあるんです!茶業研究拠点が置かれており、幅広いお茶を手掛けています。中でも枕崎のさえみどりはうま味が多いことから、特に人気が高いんだとか。枕崎について調べてみました。
産地

静岡県以外のお茶の産地って?日本茶三大産地のご紹介! 

静岡がお茶の産地として有名なのは、みなさんご存知かと思います。 では、日本におけるお茶の三大産地は?パッと思いつく方もいらっしゃるかと思いますが、今回は、意外と知らない日本茶の主要産地を生産量(荒茶)の多い順に3つ紹介していきます!
産地

日本一早い新茶!! 鹿児島の新茶

春になると、新茶の季節がやってきます。中でも一番早く新茶を収獲・出荷できるのは、どこかご存知ですか?答えは鹿児島県です。九州の最南端に位置し、日本で最も早い新茶「走り新茶」を収獲できることでも知られますね。
タイトルとURLをコピーしました