土瓶と急須ってどう違うの?選ぶ時のポイントもあわせてご紹介

コラム

土瓶(どびん)も急須と同様、美味しいお茶を入れるためのアイテムです。最近では土瓶のあるご家庭は少なくなっているかもしれませんね。

土瓶は、直接火にかけることができたり、以前は薬草を煎じたりするのに使われた容器。急須よりも大きく、頑丈なつくりをしていることが多いですね。

土瓶と急須の違いや、土瓶の選び方をご紹介します!

土瓶と急須の大きな違いは持ち手

土瓶と急須のもっとも大きな違いは、持ち手です。土瓶は胴体の上部に持ち手がついており、熱を通しにくい素材(竹、籐など)が使われています。急須は胴体の横に持ち手がついており、胴体と同じ素材です。

土瓶は文字通り土から作られたもの。陶器のものが多く、磁器のものもあります。急須にはいろんな素材がありますね。陶器、磁器、ガラス、樹脂、鉄など…

土瓶は比較的大きくて肉厚、急須は小ぶりです。そのため家庭でお茶を入れる際には急須を使っている方が多いかと思います。

土瓶の使い方

土瓶は大きめの容量で、一度にたくさんのお茶を作れます。そのため大家族や、大人数でお茶を飲むときにおすすめです。

直接火にかけることができる土瓶は、煮出し茶にもいいですね。中でもほうじ茶は煮出し茶に適しています。

土瓶で沸かしたお湯はまろやかになるので、土瓶でわかしたお湯でお茶を入れたり、お料理に使うのもOK。

土瓶が少なくなったワケ

急須は様々なバリエーションが出ているいっぽう、土瓶は素朴で昔ながらのイメージがありませんか?

戦前までは、土瓶はどこの家庭にもある必須アイテムだったと言われます。土瓶蒸しや、煮出し茶によく使われていました。時代が下り、金属製のヤカンや電気ポット、魔法ビン、ペットボトルなどの新素材が登場し、次第に土瓶の需要が低下していったのだとか。

土瓶というと、お茶よりお料理アイテムと思われるかもしれませんが、土瓶でお茶を入れるのも美味しいんですよ!

土瓶の良さとは?

土瓶といえば、大きくて重いイメージもありますが、急須サイズの小ぶりな土瓶もあります。お茶を入れるだけなら小さいものでOKですね。せっかくだから土瓶蒸しをしたい、という方は、専用の土瓶を選ぶ必要があります。

お茶を入れるための土瓶は火にかけられないものも多いですが、火にかけられる土瓶の中には、目止めや貫入といった特別なお手入れが必要な場合もあります。よく考えてから選びましょう。

細かな点を考慮すると、金属製のお鍋でいいんじゃ、とか、急須の大きいのじゃダメなの?とか、聞こえてきそうですね。

土瓶の良さは、土で作られた素材の蓄熱性にあります。金属製に比べてゆっくりと火が通り、お茶のうま味をじっくりと引き出すことができます。しかし時間がかかるというわけでなく、むしろ短時間でお茶を抽出することができます。

一度温まると冷めにくいので、たくさんお茶を作ってたくさんの人数で楽しむことができるのもいいところ。

また吸水性を持っているので、お茶の渋味・苦味などを土肌に吸収し、お茶の味をまろやかで美味しくしてくれる、というメリットもあります。

急須は横手ですので、大容量のものは傾けたときにうっかりドバッ…と出てしまったり、お茶の味にムラが出てしまうこともありますね。土瓶は上に持ち手があるので、重心が安定しやすいのです。

土瓶の選び方

土瓶は、お茶をたくさん作りたい、大人数でお茶を楽しみたい、という場面にピッタリ。ではどんな土瓶を選ぶのがよいか、ポイントをチェックしましょう。

土瓶を選ぶときに重要なのは、実際に手に取ってみることです。重さやサイズ感は、実際に試してみるのが一番。お茶が入るとさらに重くなることを考慮しましょう。

次に重要なのは、茶こしの形をよく見るということ。土瓶は穴が大きくてふくらみがある茶こしがよいと言われます。

お手入れ方法も重要です。陶器の土瓶は耐火性・蓄熱性に優れますが、目止めなどの面倒なお手入れが必要なことも。電子レンジやIH調理器に対応かどうかも確認が必要ですね。近年では食洗器に対応した土瓶もあります。

最後に、持っている湯のみやカップとの相性も考慮しましょう。

おすすめの土瓶【すすむ土瓶】

すすむ屋茶店の土瓶は真っ白な磁器製。持ち手は真ちゅうを組み合わせており、スタイリッシュながらも控えめな存在感で、どんなご家庭にもマッチします。

磁器製なので直火にかけることはできませんが、こだわりの持ち手にご注目ください。手や腕に負担がかからず注ぐことができる形状になっています。

茶こしは穴が大きく、ふくらみがあり、お茶を入れるのに適したタイプ。お茶をたくさん入れるために考え抜いた土瓶です。ぜひたくさんの人とワイワイ楽しんでくださいね!

【すすむ土瓶】ティーポット|オリジナル茶具【すすむ屋茶具】|すすむ屋茶店

タイトルとURLをコピーしました