お茶の種類

一番茶、二番茶、三番茶、秋冬番茶。それぞれのお茶の違いとは?

一番茶・二番茶・三番茶…って、聞いたことありますか?これは、茶畑から収獲された順番を表しているんです。その年に取れた一番最初のお茶が「一番茶」。二番目が「二番茶」、三番目が「三番茶」と続きます。一番茶、二番茶、三番茶…について詳しく解説します。
コラム

茶殻の再利用!捨てるだなんて持ったない。いますぐ使える活用術

茶殻を畳にまいて、ほうきではくといった掃除方法がありました。茶殻がホコリを吸着し、茶葉の消臭パワーでお部屋がスッキリピカピカに!そのほかにも茶殻には、まだまだ秘めたるパワーがあります!そんな茶殻の再利用方法を教えます
産地

日本一早い新茶!! 鹿児島の新茶

春になると、新茶の季節がやってきます。中でも一番早く新茶を収獲・出荷できるのは、どこかご存知ですか?答えは鹿児島県です。九州の最南端に位置し、日本で最も早い新茶「走り新茶」を収獲できることでも知られますね。
製造方法

鹿児島の茶商の仕事とは?~鹿児島茶市場から仕上げ加工、袋詰めまで~

茶商のお眼鏡にかなった荒茶たちは、茶市場から離れ、最終加工されていきます。そうした茶葉を「仕上げ茶」といいますが、仕上げ茶が私たちの元へ届くまでを詳しく調べてみましょう。茶商が仕入れた荒茶は、次に仕上げ加工されていきます。
コラム

緑茶の成分テアニンとは?お茶をのんでリラックスするわけ

お茶を飲んだときに「おいしい!」と感じるのは、一体どうしてでしょうか?その秘密は「テアニン」にあります。テアニンとは、うま味成分のひとつで、緑茶に多く含まれるものです。テアニンについて詳しくせまります!
製造方法

鹿児島茶市場とは? 鹿児島茶の流通~荒茶から鹿児島市場まで~

冬が過ぎ、桜が咲いたら新茶の季節はすぐそこ。私たちの家に届くまで、茶葉は長~い旅をしています。今日は荒茶から市場までをご紹介!
産地

ユタカミドリに最適な栽培環境。鹿児島南部に位置する知覧町とは?

知覧町はもとよりお茶の生産がさかんでした。南九州市が発足したことで、市町村別お茶生産量が日本一に躍り出ます。さらに2017年以降は、南九州市で生産されたお茶すべてを「知覧茶」と呼ぶことで統一。これにより知覧茶を全国、そして世界へと展開していくことになるのです。
飲み方

美味しい日本茶ティーバッグの選び方と美味しい入れ方!

日本茶のティーバッグは、後処理も楽なので、すごく便利ですよね!しかし、ティーバッグって『あまり美味しくない』そんなイメージはありませんか?実は今、美味しいティーバッグが増えているのです!今回はそんな本当に美味しいティーバッグの選び方をご紹介します
飲み方

お茶(日本茶)の入れ方は温度が重要?温度で変わるお茶の味。

お茶(日本茶)の美味しい入れ方に『低い温度で淹れた方がいい』と聞いたことはありませんか?実は急須にいれるお湯の温度は重要です!何故なら、湯の温度によってお茶は大きく味が変わるからです。この記事では、そんなお茶と温度の関係についてご紹介します!
産地

知覧とはどんな場所?映画の舞台にもなったお茶の名産地をご紹介!

知覧茶はしっているけど、知覧茶をつくっている鹿児島茶の産地「知覧」についてはご存じでしょうか?この記事では、『もっとくわしく知覧について知りたい』そうおもう貴方に、ぜひ知っておきたい知覧のポイントをまとめました。魅力あふれる知覧について紹介します。
タイトルとURLをコピーしました