母の日に新茶を贈ろう! 新茶が母の日に最適な3つの理由

コラム

カーネーション、お菓子、エプロン…母の日といえば浮かぶ素敵な贈り物たち。どれもお母さんが喜んでくれそうなモノばかりですね。

しかし皆様!ご存知でしょうか!!新茶も…いえ!新茶こそ母の日に最適なのです!!

この記事では新茶を贈るべき3つの理由をご紹介します!
母の日のプレゼントを準備している方も準備していない方も是非、読んでいただきたい内容です。

それではその理由をひとつずつ説明していきたいと思います。

理由その① 母の日は新茶の旬!

母の日は5月の第2日曜日。新茶が出回り始めるのも5月の初め辺り。

つまり、5月は新茶の『旬』なのです!とてもフレッシュですし、香りや味わいからも季節を感じられるので、贈る方も贈られる方もこの時期だけの特別感を楽しむことが出来ます!

また、産地によって新茶が飲める時期は異なりますが、日本で最も早く新茶を収穫・出荷できる鹿児島の新茶なら母の日にも間に合いますし、オススメです!

鹿児島の新茶について気になる方はこちらから!

理由その② 新茶には健康成分がたっぷり!

お茶の木々は厳しい冬に耐えるためにたっぷりと栄養を蓄えて、春になると一気に芽吹き始めます。そうして芽吹いた新芽には、お茶の木1年分の栄養と自然の生命力が凝縮されています。そしてその新芽こそが、新茶となるのです!

昔は薬として扱われていたお茶。今でも新茶を飲めば1年間無病息災で過ごせると言われているほどに、その中には健康成分がぎゅっと詰まっているのです。
ずっと元気でいてほしい。その想いに、新茶がしっかりと活躍してくれますよ!

理由その③ 新茶はなにより1番に、おいしい!

新茶の魅力は健康成分だけではありません。なによりもやはり1番は、その美味しさです。なぜなら、新茶には1年の間に旨み成分であるテアニンもぎゅっと凝縮されているからです!

お茶に入っているうまみ成分テアニンの記事についてはこちらから!

新緑を思わせる爽やかな香り、みずみずしさ、そして旨み豊かな味わいは本当に1年でこの時期だけの最高の贅沢です。急須で淹れる時も、口に含んだ時も、喉を通り過ぎた後も、その香りが旨みと合わさって身も心もしあわせで満たされます!

母の日に新茶で『ありがとう』を伝えよう

①母の日は新茶の時期

②新茶には健康成分たっぷり

③新茶には旨みたっぷり

新茶を贈るのが最適な3つの理由は納得していただけましたでしょうか?母の日は是非、新茶を贈りたいものですね。

そして 今年の母の日は新茶を贈るだけではなく、自分で淹れた新茶をふるまうのはいかがでしょうか。そんな『ありがとう』の伝え方も とても素敵だと思います!

どうか母の日が 皆様にとって素晴らしい一日になりますように。

タイトルとURLをコピーしました