抹茶とは?今さら聞けない抹茶と粉末緑茶の違いもご紹介します。

抹茶お茶の種類

手軽にお茶を飲みたいとき、忙しくて時間がないとき、粉末緑茶は水やお湯と混ぜるだけですぐ飲めるので、便利でうれしいですよね。

ところで、粉末緑茶とよく似たものに抹茶があります。いずれもお茶を粉状にしたものですが、なにが違うのでしょうか?見た目はソックリですし、同じものだと思っている人も多いのでは?しかし抹茶独特の風味は、粉末緑茶とは異なるものです。

気になる抹茶と粉末緑茶の違いをまとめました。

抹茶とは、碾茶を粉末にしたもの

そもそも、粉末緑茶が「煎茶」を粉末状にしているのに対し、抹茶は「碾茶(てんちゃ)」を石臼あるいは微粉砕機で挽き、粉末にしています。碾茶も煎茶も、原料となるのは同じ「チャノキ」ですが、製法が異なります。

チャノキを育てるとき、お日さまをいっぱいに浴びて育つのが煎茶です。いっぽうの碾茶は、20日以上日光を遮断する期間をもうけます。日光をさえぎることで渋味成分のカテキンが生成されず、代わりにうま味成分のテアニンを多く含むように。

なお、この碾茶を日本で最も多く生産しているのは京都。抹茶といえばやっぱり京都が思い浮かびますよね。とくに宇治での抹茶生産がさかんで、「宇治抹茶」ブランドとして知られます。この碾茶を、石臼あるいは微粉砕機で挽いたものを抹茶と言います。

抹茶の材料「碾茶」の作り方

碾茶が煎茶と大きく製法が違うのは、「かぶせ製法がある」「揉む工程がない」ということです。かぶせ製法とは、お茶を収獲する前の一定期間、日光をさえぎって栽培する製法のこと。日光をさえぎるために、遮光カーテンのような黒い布や、よしず(ワラで編んだ敷物)を使います。

碾茶の場合、茶園全体に屋根をつくるように覆うことが多いですが、茶園や地域によっては、お茶の木の一列一列に直接布をかぶせて覆うことも。日光をさえぎる期間は最低20日間といわれ、これより短いものは「かぶせ茶」「おおい茶」などと呼ばれます。

かぶせ製法を行うことで、茶葉は「かぶせ香」といわれる香ばしい香りを持ちます。うまみ成分のテアニンをタップリと含んでおり、とろみのあるお茶になります。テアニンの持つリラックス効果・リフレッシュ効果で、集中力を高めたり、睡眠の質を高める効果もあるのだとか。美味しくて体にもいいお茶なんですね!

また、一般的な煎茶では加工中に「揉む」工程をふくみます。茶葉を揉むことで水分を抜きながら形をそろえていきますが、碾茶には揉む工程がありません。茶葉と茶葉が重なったりくっついたりしないよう、風を送りながら乾燥させます。そのため、青のりのような形状に。

乾燥させた碾茶から茎の部分を取り除くと碾茶の完成です。さらに碾茶を粉状に細かくしたものが抹茶。一般的な煎茶と比べると、ずいぶんと手間をかけて作っていることがわかりますね。粉末緑茶と比べると、抹茶の方が値段が高いことが多いでしょう。

抹茶は「点てる」?

普通、お茶は「入れる(いれる、淹れる)」ものですよね。一方、抹茶は「点てる(たてる)」と言います。煎茶が急須に茶葉を入れてお湯を注ぐのに対し、抹茶は独特の作法があり、抹茶の道具を使います。

煎茶を入れるのは湯のみが多いと思いますが、抹茶を点てるのは大き目の茶碗(ちゃわん)。そこへ抹茶と少量のお湯を入れて、茶筅(ちゃせん)で泡立てながらよく混ぜます。抹茶を点てるというと、難しいと思われる方が多いんですが実は簡単なんです。初心者のかたでもコツさえつかめば美味しく点てることができますよ!

抹茶の点て方にはいくつかの流派があり、飲む方にも作法があるもの。最近では、抹茶の産地・宇治を中心に茶道を体験する外国人観光客も多いようです。抹茶に興味が出てきたら、それぞれの流派を学んでみるのも面白いですよ!

食べる抹茶

その他にも、私たちに身近な抹茶がありますよね。それは「抹茶アイスクリーム」と始めとするスイーツの数々。現在ではアイスや和菓子をはじめ、さまざまなお菓子に抹茶が使われています。

抹茶の活用法の記事はこちらから♪

粉末緑茶とは、煎茶を粉末にしたもの

一般に「緑茶」と言うときは「煎茶」を指します。茶葉を日光で覆うことがないため、カテキンを多く含みます。適度な渋味とうま味をあわせ持っており、さわやかな風味は誰にも愛される味わいですね。碾茶とは違ってかぶせ栽培をせず、収穫後は揉み工程を行います。

完成した煎茶を機械で粉末状にしたものが「粉末緑茶」です。粉末緑茶の使い方はいたってシンプル。お水やお湯と混ぜるだけです♪手軽に使えるので、忙しいときに重宝しますね。実はこちらの粉末緑茶もお菓子作りに最適なんですよ。

通常の緑茶は、茶葉にお湯を注ぎ、成分が抽出されるのを待ちます。粉末緑茶の場合は、丸ごと粉砕した茶葉を一緒に飲むことに。そのため、ビタミンや食物繊維などの効能を得られるのもいところです。お茶殻が出ないので、後片付けがラクといったポイントも!

ただし粉末状になっている分、風味や効果・効能の劣化が早く、香りが飛びやすいという短所もあります。保管する際はしっかりと密封して冷暗所に置いておくのがベストです。

(※ちなみに「粉茶」とは、煎茶を製造する段階で出るとても小さな茶葉のこと。粉末緑茶よりも粒子が大きく、水で溶けません。)

まとめ

抹茶と粉末緑茶、見た目はよく似ていますが、実はこんなにも違うところがあるんですね。違いが分かると、お茶の世界はさらに楽しくなったハズ。それぞれの美味しさをいかして、毎日の暮らしにうまく取り入れてくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました